HOME  > 学部・大学院 > 大学院案内 > 薬学研究科 薬科学専攻 博士後期課程

大学院案内

薬学研究科 薬科学専攻 博士後期課程(3年制課程)

教育研究理念

 薬科学領域における教育研究成果を国の内外に発信することにより、その成果を人類社会に還元し、人類の健康維持、疾病の治療、さらには生活環境の保全のために寄与することを教育研究上の基本理念とする。 

目的

 生命科学や高度先端医療に密接に関連する薬科学研究分野において、創薬研究を通じて学問の体系的な発展及び継承を担う研究者・教育者となることができる人材を養成することを目的とする。

教育目標

  1. 薬科学という学問領域を発展させる研究者の育成
    大学や企業などの研究機関において薬科学における研究を独自の視点で追及し、その成果を世界に発信してそれぞれの専門分野における学問的基盤を確立し、発展させることのできる研究者となるべき人材を育成する。
  2. 薬科学の学問的成果を継承させる教育者の育成
    薬科学という学問的領域を発展させるため、薬系大学での学部教育や大学院教育において高度な専門的知識と技能を指導することのできる教育者となるべき人材を育成する。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 本大学院薬学研究科薬科学専攻博士後期課程の学位授与の要件は、所定の期間在学し、博士課程の教育・研究の理念に沿った教育・研究指導を受け、博士論文の審査、試験に合格し、博士課程を修了することです。授与する学位は「博士(薬科学)」とし、審査にあたり、

    • ・薬学の根幹をなし、生命科学の応用として展開される創薬科学や関連する研究領域において、新しい視点と独自の発想から課題を的確に把握し、それを解決できる高度な専門的知識と技能、倫理観をもち、さらに指導力とリーダーシップを発揮して薬科学領域の研究に貢献できる能力を身に付けていること。

 を学位授与の基準とします。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 薬科学専攻博士後期課程(博士課程)において、学生は2つの研究領域(分子構造・機能解析学領域、創薬化学領域)のいずれかに所属します。研究・教育指導は、主指導教員を中心に行うが、これに加えて当該研究領域の教員並びに「大学院薬学研究科薬学専攻博士課程」の医療系教員とも連携し、学生に対して複眼的な視点からの研究・教育指導が行える体制としており、次のような方針でカリキュラムを編成し、実施しています。

  1. 専門分野に関連した他の研究領域の知識と技能を取込み、オリジナリティーの高い独自の専門分野を開発・発展させることのできる柔軟性と応用力を備えた資質を涵養することを目的とした講義科目を配置します。
  2. 問題解決能力や課題探究能力を養成するため、特別演習、特別研究演習、及び特別研究を配置します。

平成28年度 薬科学専攻博士後期課程の主な研究内容

  専攻領域
大学院薬学研究科
薬科学専攻 博士後期課程
分子構造・機能解析学領域、創薬化学領域
領域 (研究室)担当指導教員 研究内容











(微生物学研究室)
 教 授 辻坊 裕
 准教授 宮本 勝城
  • ・バイオマスの有効利用を目的とするキチン及びキシラン分解機構に関する分子生物学的研究
  • ・感染症治療薬の開発を目的とする病原微生物による疾病発症機構に関する分子生物学的研究
  • ・病原微生物の免疫系に与える影響とその排除機構に関する免疫学的解析

(生化学研究室)
 教 授 福永 理己郎
 准教授 井上 晴嗣

  • ・造血サイトカインによる細胞増殖・分化の分子メカニズムの研究
  • ・プロテインキナーゼを介した細胞内シグナル伝達機構の研究
  • ・リン脂質加水分解酵素の酵素機能の分子論
  • ・血清由来ホスホリパーゼA阻害タンパク質の構造と機能
  • ・アストログリア細胞における神経栄養因子の発現調節
  • ・ロイシンリッチαグリコプロテインの機能解明
(薬品物理化学研究室)
 准教授 友尾 幸司
 准教授 尹 康子
  • ・タンパク質生合成開始因子の構造機能解析
  • ・タウタンパク質の自己重合機構の解明と阻害低分子の開発
  • ・放線菌におけるキシロオリゴ糖細胞内輸送機構の解明
  • ・酵素阻害剤の分子設計
(薬品分析化学研究室)
 教 授 三野 芳紀
  • ・医薬品の高感度分析と環境中の医薬品の分解に関する研究
  • ・生体の鉄取り込み機構に関する研究
  • ・生体内の金属の生物学的意義に関する研究
  • ・制がん活性白金錯体の開発研究
(生体防御学研究室)
 准教授 藤森 功
  • ・脂質メディエーターとそれらの代謝物の機能と産生調節機構に関する研究
  • ・脂質メディエーターによる代謝疾患制御の分子機構の解明と調節化合物の開発
  • ・細胞分化のエピジェネティック制御に関する研究
  • ・極長鎖脂肪酸の機能と代謝疾患制御の分子制御機構に関する研究
(中央機器研究施設)
 准教授 箕浦 克彦
  • ・生体分子の溶液構造とその機能に関する研究
  • ・自己重合性をもつペプチドの構造機能解析





(医薬品化学研究室)
 教 授 田中 麗子
 准教授 山田 剛司
  • ・創薬を目的としたテルペノイド類の生理活性及び活性機構に関する研究
  • ・ブラジル原産植物アンデローバのリモノイドに関する研究
  • ・ウリ科野菜およびヒラタケ科キノコに関する有機化学的研究
  • ・海洋生物由来真菌の産生する細胞毒性物質に関する研究
  • ・新しい細胞毒性物質産生菌の探索
(有機薬化学研究室)
 教 授 春沢 信哉
 准教授 宇佐美 吉英
  • ・核酸化学のためのイミダゾールC-ヌクレオシドの合成研究
  • ・新規ヒスタミンH及びHアンタゴニストの創製
  • ・抗腫瘍性海洋天然物及びその類縁体の合成と生理活性に関する研究
  • ・クロスカップリング法による複素環化合物への直接的置換基導入法の開発
  • ・テトラゾールを基盤とする合成反応と生理活性物質の創製研究
(機能分子創製化学研究室)
 教 授 浦田 秀仁
 准教授 和田 俊一
  • ・プロドラッグ型新規修飾核酸の合成とRNA干渉など遺伝子発現制御分子としての応用
  • ・細胞内移送能を有するキャリアペプチドの開発
  • ・キャリアペプチドの核酸医薬細胞内デリバリーツールとしての応用
  • ・金属イオンが二本鎖DNAの安定性および複製反応に及ぼす影響
  • ・鏡像体核酸の合成とその機能性分子素子としての応用
  • ・生体分子のらせん構造を不斉源とする不斉合成法の開発
  • ・RNAの化学進化とホモキラリティーの確立過程のモデル構築
(分子構造化学研究室)
 教 授 土井 光暢
  • ・ペプチドのコンホーメーションコントロールに関する研究
  • ・アミロイド線維の形成機構に関する研究
  • ・機能性ペプチドの構造解析とデザイン
(生薬科学研究室)
 教 授 谷口 雅彦
  • ・各種生薬成分の構造解析と生理活性に関する研究
  • ・サプリメントの有用性に関する研究


ページトップ