HOME  > 学部・大学院 > 大学院案内 >  薬学研究科 薬学専攻 博士課程

大学院案内

薬学研究科薬学専攻博士課程(4年制)

教育研究理念

 本大学院薬学研究科薬学専攻博士課程の教育・研究理念は、薬学部薬学科(6年制課程)卒業生をはじめとする薬学出身者を中心に、臨床・医療薬学領域における広い視野と専門性の高い研究能力の涵養を行い、高度な知識と技能をもって国民の健康維持増進ならびに疾病の予防及び治療に資する優れた人材を養成することにある。  

目的

 臨床及び医療に密接に関連する薬学研究分野において、広い視野と高い専門性を備えて国民の健康の維持増進ならびに疾病の予防及び治療を担う優れた研究者・教育者・医療人となることができる人材を養成することを目的とする。

がん専門薬剤師養成コースの目的

 博士課程(4年制)に設けるがん専門薬剤師養成コースは、がん医療分野における薬剤師としての高度な技術を有し、安全で有効な医療を推進することができる人材の養成を目的とする。

教育目標

  1. 科学的な研究基盤に立脚して医療の推進に携わる薬剤師の育成
    医療現場において活躍する薬剤師には、常に時代の最先端の知識と高度な技能が求められる。本大学院では、講義を含めてこれら医療現場と連携した教育・研究指導を行い、現場に直結した実践的な課題について科学的な根拠に基づいて判断し、安全で有効な医療を推進できる人材を育成する。また、がん専門薬剤師を含む各種の専門薬剤師や臨床試験にかかわる研究者を志す大学院生に対しては、その基礎となる知識、技能、ならびに研究力を習得できるように指導する。このような教育を受けた薬剤師は、新教育課程(6年制課程)で育成される一般の薬剤師に対しても、それぞれの職業分野でリーダーシップを発揮できる人材となるものと期待される。
  2. 薬剤師の視点に立つ医薬品開発研究者の育成
    医薬品の開発には、医薬品を含む化学物質や医療材料について、広い視野に立って評価することのできる薬剤師の視点が重要である。すなわち、医薬品を使用する立場から、「創薬」におけるシード化合物の評価、薬効評価、剤形評価や、「育薬」における医薬品の副作用情報からの安全性の評価・予測などを行うことが不可欠で、さらに、これらをトランスレーショナルリサーチで統合して開発する過程も重要である。本大学院の教育・研究課程では、このような薬剤師の視点に立つ医薬品開発研究者を育成する。
  3. 医療情報に基づいて医薬品の適正使用を管理する行政職の育成
    市販後の医薬品の副作用・相互作用等に関する情報は、人々の健康を守り、疾病を治療する上での安全性を確保するために不可欠である。本大学院では、市販後の医薬品の適正使用を監視し、監督するために必要な医療情報を解析する技術や方法を習得し、これに基づいて添付文書の改訂や医薬品販売の停止措置などを求める基準を作成する行政職、あるいはそれに関連する企業内における安全管理統括部門や品質保証部門等の従事者を育成する。さらに、海外における医薬品に係る様々な医療情報を精査し、これをわが国における医療情報と比較検討しながら、国民の健康と医療に資する基準の見直しや策定を行うことができるように指導する。
  4. 環境衛生の教育研究に基づく衛生行政従事者の育成
    本大学院では、生活習慣病の予防、感染症の蔓延に対する予防・制御、あるいは環境化学物質による疾病の予防など、予防薬学を教育・研究し、これを通じて、われわれの生活環境や自然環境の悪化に伴う健康被害を未然に防ぐ、公衆衛生や環境衛生分野の行政従事者を育成する。
  5. 医療薬学の学問的成果を継承させる教育者・指導者の育成
    医療薬学という学問的領域を次世代に向けて継続的に発展させるため、新制度における6年制薬系大学での学部教育や大学院教育において高度な専門的知識と技能を教育指導することのできる教育者となるべき人材を育成する。さらに、大学等の教育機関にとどまらず、臨床実務教育における指導薬剤師として、後進の薬剤師及び学生の指導に当たることのできる優れた人材を養成する。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 本大学院薬学研究科薬学専攻博士課程の学位授与の要件は、所定の期間在学し、博士課程の教育・研究の理念に沿った教育・研究指導を受け、博士論文の審査、試験に合格し、博士課程を修了することです。授与する学位は「博士(薬学)」とし、審査にあたり、

  1. 薬学研究に貢献できる十分な能力を有し、高度かつ広範で最新の知識、並びに高度かつ優れた技能・態度・倫理観・責任感等を身に付けていること。
  2. 優れた臨床的洞察力・観察力・解析力を持ち、臨床現場に精通していること。

 を学位授与の基準とします。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 本大学院薬学研究科薬学専攻博士課程において、臨床・医療薬学領域における広い視野と専門性の高い研究能力の涵養を行い、高度な知識と技能をもって国民の健康の維持増進、公衆衛生の向上並びに疾病の予防、治療等に資する優れた人材を養成するための教育研究を基本とします。そのため、

  1. 予防薬学、創薬薬理・薬物治療薬学と薬物機能解析薬学、臨床・医療の実践による病態解析薬学及び医療評価薬学、さらにこれらを有機的に連携させたトランスレーショナルリサーチと臨床からのフィードバックを取り入れた、総合的な臨床・医療薬学教育を行います。
  2. 科目を通じて、専門性の高い研究力、研究成果や情報の正確な伝達能力・説明能力を養成するとともに、臨床・医療の分野で求められる崇高な倫理観、使命感を涵養します。

がん専門薬剤師養成コース 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 本大学院薬学研究科薬学専攻博士課程の学位授与の要件は、所定の期間在学し、博士課程の教育・研究の理念に沿った教育・研究指導を受け、博士論文の審査、試験に合格し、博士課程を修了することです。授与する学位は「博士(薬学)」とし、審査にあたり、

  1. 薬学研究に貢献できる十分な能力を有し、高度かつ広範で最新の知識、並びに高度かつ優れた技能・態度・倫理観・責任感等を身に付けていること。
  2. 優れた臨床的洞察力・観察力・解析力を持ち、臨床現場に精通していること。
  3. がん専門薬剤師に求められる医療における実践を体験し、臨床研究に従事して症例報告や症例検討を行うことができること。

 を学位授与の基準とします。

がん専門薬剤師養成コース 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 本大学院薬学研究科薬学専攻博士課程がんプロコース(がん専門薬剤師養成コース)において、臨床・医療薬学領域における広い視野と高い専門性、研究能力の涵養を行い、高度な知識と技能をもって国民の健康の維持増進、並びに疾病の予防・治療等に資する優れた人材を養成する教育研究を基本としつつ、がん医療における高い専門性と研究力を備えた、がん専門薬剤師を養成します。そのため、

  1. 予防薬学、創薬薬理・薬物治療薬学と薬物機能解析薬学、臨床・医療の実践による病態解析薬学及び医療評価薬学、さらにこれらを有機的に連携させたトランスレーショナルリサーチと臨床からのフィードバックを取り入れた、総合的な臨床・医療薬学教育を行います。
  2. 科目を通じて、専門性の高い研究力、研究成果や情報の正確な伝達能力・説明能力を養成するとともに、臨床・医療の分野で求められる崇高な倫理観、使命感を涵養します。
  3. がんに対する基礎と応用の高い研究能力を身に付け、がん医療の高度化・均てん化に貢献することのできる知識と技能、態度を備えた人材を育て、がん専門薬剤師を養成します。

平成28年度 薬学専攻博士課程(4年制課程)の主な研究内容

領域 (研究室)指導教員 研究内容





(生体防御学研究室)
 教 授 天野 富美夫
  • ・マクロファージ及び腎メサンギウム細胞活性化機構の研究
  • ・サルモネラ等食中毒起因菌の病原性発現機構の研究
  • ・宿主及び環境中の細菌のストレス応答機構の研究
  • ・がん免疫と診断・治療に関する研究
  • ・炎症の発症機序と制御に関する研究
  • ・食品成分の生体防御調節活性に関する研究
  • ・地域包括ケアにおける薬剤師の役割と発展に関する研究
(環境分子生理学研究室)
 教 授 藤本 陽子
 准教授 佐久間 覚
  • ・脂質由来生理活性物質の生理的、病理的役割に関する研究
  • ・脂質ラフトの生理的、病理的役割に関する研究
  • ・活性酸素が関与する病態発症と制御機構に関する研究
  • ・環境化学物質の生体影響と毒性発現メカニズムに関する研究
  • ・肝臓及び大腸における新規制癌剤の開発
  • ・生活習慣病に対する医薬品と環境化学物質との相互作用に関する研究












(病態分子薬理学研究室)
 教 授 松村 靖夫
 准教授 大喜多 守
  • ・エンドセリンの生合成機構と病態薬理学的研究
  • ・一酸化窒素の病態生理学的研究
  • ・急性腎障害(AKI)並びに慢性腎臓病(CKD)に関する薬理学的研究
  • ・各種循環器疾患に対する新規治療薬の開発研究
  • ・腎臓及び心臓の交感神経活動とその調節機構に関する研究
  • ・各種機能性食品の薬理学的研究
(生体機能解析学研究室)
 准教授 坂口 実
  • ・がん細胞増殖に対する薬物の効果と作用機構に関する研究
  • ・タンパク質分解酵素の細胞生物学的機能解析とその阻害薬に関する応用研究
  • ・細胞の生存や傷害保護および分化促進活性を有する化合物の探索研究
(薬品作用解析学研究室)
 教 授 大野 行弘
  • ・精神神経疾患の病態および薬物治療研究
  • ・セロトニン神経系の機能解析および創薬応用研究
  • ・新たな神経疾患モデルの開発と治療薬探索研究
  • ・中枢神経作用薬の薬理研究








[薬物機能解析薬学分野]
(循環病態治療学研究室)
 教 授 林 哲也
 准教授 井尻 好雄
  • ・動脈硬化・心不全の発症・進展に関する分子形態メカニズムとストレス応答
  • ・睡眠時無呼吸症候群に関連する間歇的低酸素負荷と戦略的ラジカルスカベンジャー療法
  • ・薬剤性肝障害等の重篤副作用の予測・予防・治療法に関する研究
  • ・抗がん薬の体内動態に関する研究
(薬剤学研究室)
教 授 永井 純也
准教授 宮崎 誠
  • ・病態時における薬物動態変動の分子機構解析とそれに基づく薬物投与法の至適化に関する研究
  • ・薬物動態制御分子を標的とした薬効増強および副作用低減に関する研究
  • ・医薬品の最適投与計画開発のための体内動態と薬理効果の消長に関する研究
(製剤設計学研究室)
教 授 戸塚 裕一
  • ・難水溶性医薬品の溶解性と吸収性改善に関する研究
  • ・機能性添加剤を用いたナノ複合体形成とその応用に関する研究
  • ・機能性微粒子の開発に関する研究
(生薬科学研究室)
准教授 芝野 真喜雄
  • ・漢方処方における甘草の配合意義に関する科学的解析
  • ・清熱薬に分類される生薬の抗炎症作用に関する研究
  • ・セッコク(滋陰薬)の科学的解析に関する研究
[病態解析薬学分野]
(臨床実践薬学研究室)
教 授 荒川 行生

  • ・病態、および薬物治療の影響(副作用を含む)についての内分泌生理化学的研究
  • ・生理活性ペプチド・タンパク質の治療薬物モニタリングへの応用研究
  • ・病態解析と治療のための医薬品情報学的研究
(薬物治療学研究室)
教 授 松村 人志
准教授 幸田 祐佳

  • ・精神科疾患とその薬物治療及びケアに関する臨床研究
  • ・精神科疾患の病態生理と薬物治療に関する神経科学的研究
  • ・脳機能を維持するための体内機序、特に睡眠の調節系とその役割に関する研究
  • ・脳室・クモ膜下腔・胃・気道等における生体防御に係わる上皮膜機能に関する研究
  • ・糖尿病の病態生理・予防・治療に関する研究
  • ・薬物治療を始めとする種々の治療法に関する基礎的・臨床的研究
(薬物治療学Ⅱ研究室)
教 授 島本 史夫
  • ・消化管粘液の組成・合成・分泌に関する生理生化学的研究
  • ・消化管運動・消化・吸収・排泄などの生体機能に関する研究
  • ・消化管領域疾患の病態生理に関する臨床疫学的研究
  • ・高齢者疾患の病態生理に関する臨床疫学的研究
[医療評価薬学分野]
(臨床実践薬学研究室)
准教授 恩田 光子
  • ・薬剤師の業務範囲(スキルミックス)拡大とそのアウトカムに関する研究
  • ・在宅ケア分野における持続可能な地域連携・チーム医療構築に関する研究
  • ・ファーマシューティカルケアの薬剤経済学的研究
  • ・ADE(Adverse Drug Events)回避の経済評価に関する研究
  • ・セルフメディケーションにおける薬剤師の関与実践モデルの構築と効果に関する研究
  • ・薬物治療に関するアウトカムリサーチ
臨床薬学教育研究センター
教 授 岩永 一範
教 授 中村 任
教 授 中村 敏明
准教授 角山 香織
准教授 細畑 圭子

  • ・服用メディアの違いによる薬物の消化管吸収変動の解析
  • ・癌化学療法の有効性と安全性に対するバイオマーカーの探索と臨床評価
  • ・医薬品情報の評価および活用に関する研究
  • ・各種医療データベース解析に基づく医薬品適正使用に関する臨床薬学研究
  • ・個別化医療を目指した薬物動態制御タンパク質のファーマコゲノミクス研究


ページトップ