HOME  > 学部・大学院 > 大学院案内 > 大学院薬学研究科

大学院薬学研究科

大学院の目的

 薬学部における教育研究を基に、高い専門性を持つ研究及び知識・技能の教授を通じて、薬学分野の先端科学ならびに医療を発展させ継承することのできる人材を養成し、広く社会に貢献することを目的とする。


薬学専攻

博士課程 4年制課程

6年生の薬学教育卒業者や薬学系の職業人に、
より高度な研究活動の場を提供。

6年制の薬学教育を終えた者に、専門領域におけるさらに高度の教育・研究を受ける場所を提供するとともに、 修士課程修了者及び既に社会において活躍中の薬剤師などの薬系職業人に対しても高度で良質な教育・研究の場を提供 することを目的とします。したがって、臨床及び医療に関連する研究領域において、新たな視点と問題解決への意欲をもち、高度の専門的な知識・技能・態度を身につけることを希望して入学し、将来はその能力を広く社会に還元することのできるような、 それぞれの臨床・医療現場、行政機関、製薬関連企業などにおける指導者あるいは研究者・教育者を志す人材を求めます。

がん専門薬剤師養成コース

このコースは文部科学省の「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」事業に沿って、 複数の大学がそれぞれの個性や特色、得意分野を活かしながら相互に連携・補完して教育を活性化し、 がん専門医療人養成のための教育拠点を構築することを目的としています。課程の修了要件は 薬学専攻博士課程と同じ40単位ですが、本コースが定める特定の科目を履修する必要があります。 また、臨床実習・演習は大阪大学医学部附属病院薬剤部で受講可能です。 がん専門薬剤師養成指定医療機関に勤務する薬剤師の場合、 当該医療機関と本学大学院の連携・提携などの条件が満たされれば在職しながら学ぶことができます。

各領域の連携


予防薬学領域から創薬薬理・薬物治療薬学領域、臨床・医療薬学領域のそれぞれにおいて必要とされる実験技術。手法及び情報などを共有し、共同研究を展開することによって、統合された、より高度な研究を推進することができ、さらに学生の教育を有機的に連携することが可能です。

薬科学専攻

博士前期課程 2年制課程

高度な研究能力を養い、 薬学関連領域の次代を担う人材を育成。

生命科学を基盤とする広い教養と先端的薬科学研究を推進できる深い専門知識を身につけ、 豊かな創造力とすぐれた研究能力を備えた21世紀を担う薬学研究者、教育者、高度専門技術者などの人材の養成を目指します。 この教育目標を達成する目的で、薬学領域のみならず農学・工学・理学などの他学部において、生物科学・化学・物理学の基礎を修得し、薬学関連領域において社会に貢献しようとする意思をもち、基礎的学力、論理的思考力、問題解決能力などを修得しようとする意欲に富んだ人を幅広く求めます。

3つの研究領域


●分子構造学・機能解析学領域 ●創薬化学領域 ●生命・環境科学領域

●分子構造学・機能解析学領域

生体構成成分の構造と機能及びその機能発現機構を分子レベルで解析・解明するとともに、その機構の制御・修飾を標的とした疾病の治療・診断のための創薬研究に取り組む研究者の育成を目指します。

●創薬化学領域

有機・天然物構造化学を基盤として新しい医療が求める機能分子の創製からひいては治療薬、診断薬の開発に取り組む研究者の育成を目指します。

●生命・環境科学領域

動物レベルにおける細胞及び生体機能解析に基づく疾病の発症機構の解析・解明を目的とし、これを通して治療薬の開発を目指すとともに、環境と生命との係わりに取り組む研究者の育成を目指します。

博士後期課程 3年制課程

薬学領域における教育研究水準向上と発展に貢献。

薬学の根幹をなし、生命科学の応用として展開される創薬科学や関連する研究領域において、新しい視点と独自の発想から課題を的確に把握し、それを解決できる高度な専門知識と技能をもち、さらに指導力とリーダーシップを発揮して薬科学領域の研究の発展に貢献できる人材の育成を目的としています。このため、十分な基礎学力を有し、専門分野で自立して研究活動を行う高い志をもった人材を求めます。

2つの研究領域


●分子構造学・機能解析学領域 ●創薬化学領域

●分子構造学・機能解析学領域

生体構成成分の構造と機能及びその機能発現機構を分子レベルで解析・解明するとともに、その機構の制御・修飾を標的とした疾病の治療・診断のための創薬研究に取り組む研究者の育成を目指します。

●創薬化学領域

有機・天然物構造化学を基盤として新しい医療が求める機能分子の創製からひいては治療薬、診断薬の開発に取り組む研究者の育成を目指します。


ページトップ