HOME  > 新着情報 > 2016年 > 基礎薬学教育研究センターを開設しました

新着情報

基礎薬学教育研究センターを開設しました

 大阪薬科大学は、薬の専門家として患者さんをはじめ医療チームから信頼され、国民の健康福祉に貢献できる薬剤師の養成を目指しています。また、製薬企業、大学等研究教育機関、行政機関など薬学を基盤とする様々な分野で活躍する人材も育成しています。
 本学における薬学教育は、2015年4月に改訂された新たな「薬学教育モデル・コアカリキュラム」を基本として、薬学に関連する幅広い基礎教育から応用教育へとステップアップしながら、個々の学生が目標とする進路に応じた高度な専門的知識を着実に身につけられるよう系統的に実施されています。さらに、正確な知識に立脚した技能および実践能力の修得や、生命の尊さを深く理解し、患者さんを思いやる生命倫理観、社会的使命感の涵養にも注力しています。
 基礎薬学教育研究センターでは、本学における薬学教育に適した教育システムの開発、導入、構築とその効果の解析、検証研究等を行う予定です。当センターはこのような活動を通して、個々の学生が高度化、多様化する薬学専門知識を修得し、自らの能力を最大限に発揮して目標を達成できるようサポートします。

担当教員  
  教 授 大桃 善朗
  教 授 井上 晴嗣
  教 授 尾﨑 惠一
  准教授 佐藤 卓史


基礎薬学教育研究センターページ


ページトップ