HOME  > 新着情報 > 2015年 > 医工薬連環科学 高槻家族講座を開催しました

新着情報

医工薬連環科学 高槻家族講座を開催しました

 平成27年11月14日(土)本学において、関西大学・大阪医科大学・大阪薬科大学 医工薬連環科学教育研究機構が主催する高槻家族講座(通算10回目)「おいしさのカギ、“うま味”のもと」を味の素株式会社ならびに味の素パッケージング株式会社の共催で開催しました。
 講演には118名が、こども体験コーナーには小学生24名とその保護者22名の方々が参加されました。
 味の素株式会社 大阪支社 藤原 芳行氏の「“うま味”の科学 ~食べ物の“うま味”について~」の講演では甘味、塩味、酸味、苦味にうま味を加えた5つが基本味になっていること、色々な食材に含まれるうま味物質とその発見の歴史、うま味調味料の安全性に関するお話やうま味の相乗効果の試飲体験もありました。
 関西大学 化学生命工学部 福永 健治教授の「知っておきたいアミノ酸栄養」の講演ではアミノ酸とは何か、アミノ酸とタンパク質の関係、摂取不足がもたらす影響や上手な摂り方などをわかり易くお話いただきました。
 こども体験コーナーは食堂にて「“うま味”ってな~に?」と題して、味を感じる仕組みやうま味について楽しく学び、かつお節削り体験などをしました。受講された小学生の皆さんには「うま味博士」の称号の修了書が授与されました。

高槻家族講座   高槻家族講座
     
こども体験コーナー   こども体験コーナー



ページトップ