HOME  > 新着情報 > 2015年 >がんプロ第8回公開シンポジウムを開催しました

新着情報

がんプロ第8回公開シンポジウムを開催しました

 平成27年6月5日(金)9時より、本学D棟講堂において、平成24年度文部科学省「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」事業 大阪薬科大学第8回公開シンポジウムを公益社団法人日本薬学会近畿支部と神戸薬科大学の共催で開催しました。
 今回の公開シンポジウムのテーマは「新入学生に伝えたい、がん専門薬剤師とがん医療のこと」で、本事業の紹介に続き、がん専門薬剤師の立場から橋田亨先生(神戸中央市民病院)、がん専門看護師の立場から内布敦子先生(兵庫県立大学大学院看護学研究科)、がん患者さんの立場から天野慎介先生(グループ・ネクサス・ジャパン)にご講演をしていただきました。今回のシンポジウムは、これから薬学を学び薬剤師を目指す新入学生はもとより、高学年の学生や大学院生にとっても、大変有意義で心に残るお話ばかりで、とても素晴らしいシンポジウムとなりました。

林哲也先生 澤田康文先生
開会の挨拶
大阪薬科大学
学長 政田幹夫

「大阪薬科大学におけるガンプロ事業について」
生体防御学研究室/がんプロ担当者
 教授 天野富美夫

講演風景 懇親会
「がん薬物治療における専門薬剤師の役割」
神戸市立医療センター中央市民病院
院長補佐・薬剤部長 橋田亨先生

「がん専門看護師の役割と薬剤師に対する期待」
兵庫県立大学大学院看護学研究科
教授 内布敦子先生

講演風景 懇親会
「がん患者から見たがん医療と薬剤師に対する期待」
一般社団法人 グループ・ネクサス・ジャパン
理事長 天野慎介先生
会場風景

 

下記のリンクをクリックすると本事業の取組を閲覧することができます。

平成24年度文部科学省「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」事業
プログラム名:「地域・職種間連携を担うがん専門医療者養成」


ページトップ