HOME  > 教育・研究薬学の学修にあたって > 早期体験学習

薬学の学修にあたって

早期体験学習

病院・薬局や製薬会社などを訪問して、
医療・薬学を理解します。

入学後の早い時期に卒業生の活躍する現場を体験し、学習に対するモチベーションを高めます。
病院、薬局などの医療・福祉施設はもちろん、環境・衛生施設、企業の研究所・工場などの広い視野から、医療・薬学というものを理解します。
社会において果たしている役割について討議するとともに、具体的な体験に基づいて発表を行っています。

薬剤師が活躍する現場を実際に体験します

病院実習

早期体験学習は、1年次前期・後期に実施します。薬剤師が活躍する実際の現場を訪問し、実体験を通じて卒業後の職種と具体的な仕事内容を理解します。
見学前に講義を行い、事前に知識を身につけ学習目標を設定し、見学後、薬剤師の役割や問題点などについてグループディスカッションで討論した内容を発表し、各自レポートを作成します。
コミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を身につけるための最初の機会とします。


将来の目標を明確にし、学習意欲を高めます

病院実習

入学間もない時期に幅広い進路を知ることは、将来の目標を明確にし、学習への意欲をより高めることに役立ちます。
また、医療や福祉の現状、薬剤師を取り巻く環境を身近に感じることで、医療人としての心構えを身につけ、薬剤師としての使命感と高い倫理観を養います。


ページトップ