HOME  > 教育・研究 > 学術交流> > 平成20年度戦略的大学連携支援プログラム(五大学連携)

学術交流

平成20年度戦略的大学連携支援プログラム(五大学連携)

広域大学連携による「臨床医工学・情報学」高度人材育成システムの構築
(大阪薬科大学、武庫川女子大学、関西大学、奈良先端科学技術大学院大学、大阪電気通信大学)

平成20年度の文部科学省公募による下記記載の「戦略的大学連携支援事業」に、本学を含む関西5大学が連携して応募した『広域大学連携による「臨床医工学・情報学」高度人材育成システムの構築』の課題が選定されました。なお、申請した「総合的連携型(広域型)」の区分では、35の申請課題に対して22課題が選定されました。

この取組みは、関西の特色ある5つの私立・国立大学が連携し、学部学生に対する新規学際領域「臨床医工学・情報学」の教育システムを構築しようとするものです。代表校は武庫川女子大学、連携校は奈良先端科学技術大学院大学、大阪電気通信大学、関西大学、そして本学です。

プログラム紹介

■ 戦略的大学連携支援事業とは・・・(文部科学省HPより抜粋)

「戦略的大学連携支援事業」は、国公私立大学間の積極的な連携を推進し、各大学における教育研究資源を有効活用することにより、当該地域の知の拠点として、教育研究水準のさらなる高度化、個性・特色の明確化、大学運営基盤の強化等を図ることを目的としています。


ページトップ