HOME  > 教育・研究  > 研究活動 > 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業

研究活動

私立大学戦略的研究基盤形成支援事業

研究テーマ

大阪薬科大学大学院薬学研究科薬科学専攻 分子構造・機能解析学領域

「組織的研究体系による次世代型感染症治療薬の開発」
(平成23年度〜平成27年度)

近年、大腸菌O-157を病原体とする出血性大腸炎をはじめとする新興感染症、結核などの再興感染症、病院やデイケアセンター内などでの日和見感染症、さらには医療現場での抗菌薬の濫用が原因とも考えられる多剤耐性菌の発生など多くの問題から、新たな作用機作を有する新規抗菌薬の開発が待ち望まれている。今日使用されている多くの抗菌薬は、タンパク質や細胞壁等の生合成を阻害することにより細菌を殺滅する。当研究プロジェクトでは、細菌を殺滅するのではなく、宿主生体内での増殖を抑制する次世代型の新規抗菌薬を開発することを目的とする。すなわち、細菌の増殖機構の阻害へのアプローチとして、(1)増殖機構に関与する新規タンパク質の特定とその機能阻害剤の探索、ならびに(2)シデロフォアなどの必須無機元素輸送体およびその機能阻害剤の探索を通して、従来の抗菌薬創製に係るアプローチとは異なる、新たな作用機作を有する新規感染症治療薬を開発する。

お問い合わせ先

大阪薬科大学 臨床教育・研究支援課
Tel:072-690-1101
Fax:072-690-1105
E-mail:kenkyus@gly.oups.ac.jp


ページトップ