HOME  > 教育・研究薬学の学修にあたって > 実務実習

薬学の学修にあたって

実務実習

病院・薬局、臨床現場で
最前線の実務を経験します。

5年次に病院・薬局で行われるのが「実務実習」です。
薬剤師国家試験の受験資格を得るには、22週間(病院11週間+薬局11週間)の実務実習を受けることが求められます。
学生は、学内での事前学習を受けた後、薬学共用試験(CBT/OSCE)に合格した上で、実務実習に参加し、薬剤師業務を通じて医療現場を経験します。

病院実習(11週間)

病院実習

医療の現場において、調剤、製剤・薬品管理から薬剤管理指導にわたるまで、薬剤師業務を総合的に体験します。プロとしての技能だけでなく、医療人としての心構えを身につけます。また、臨床現場の薬剤師として重要なチーム医療の理解も深めます。


薬局実習(11週間)

薬局実習

実習先となる薬局において、調剤から服薬指導、接客まで幅広い実務を体験します。また、薬局において、重要なコミュニケーション能力においても、そのスキル向上を目指す大切な実践の機会となります。


病院・薬局実務実習費

5年次以降に予定されている学外での病院・薬局実務実習に必要な費用は大学が負担します


ページトップ