HOME  > 教育・研究薬学の学修にあたって > 医薬看連携教育(IPE)

薬学の学修にあたって

医薬看連携教育(IPE)

IPEとは「複数の領域の専門職が、協働して最良の成果を達成するために、ともに学び、学びあい、互いの専門性や役割を学ぶこと」

学校法人大阪医科薬科大学( 大阪薬科大学+大阪医科大学 )が実践する 医学・薬学・看護学連携教育

チーム医療の3本柱、医学・薬学・看護学の連携教育を初年度から最終学年まで実施し、段階的にそれぞれの専門性や役割を理解する


講義(医学部・薬学部・看護学部合同講義

 
講義(医学部・薬学部・看護学部合同講義)

医学生・薬学生・看護学生でグループを編成一堂に会して受講し、同じ課題を多面的に理解する


課題解決に向けたグループワーク(医学部・薬学部・看護学部協働)

 
課題解決に向けたグループワーク(医学部・薬学部・看護学部協働)

医学、工学、薬学の3分野が融合した学際領域の基本的知識を修得する講義


事例発表(医学部・薬学部・看護学部混合チーム)

 
事例発表(医学部・薬学部・看護学部混合チーム)

病院、薬局、企業、研究施設を見学し、医療・薬学の広い視野をもつ医療人を育成する講義・実習


薬剤師は、医師、看護師などとともに様々な臨床現場で活躍しています。

医療チームカンファレンス

 
医療チームカンファレンス


大阪薬科大学の充実した臨床教育体制



ページトップ