HOME  > 教育・研究薬学の学修にあたって 学修にあたって > 学修にあたって

学修にあたって

学修にあたって

薬学は人の生命と健康に深い関係をもつ化学物質を総合的に理解し、研究する科学で、

  1. 医薬品の創製と生産
  2. 薬物の効果、副作用ならびに作用機序
  3. 薬物の理化学的分析
  4. 薬物の医療への応用
  5. 保健衛生管理
  6. 医薬品の情報および管理

に関係する内容の教育、研究を行っています。そのために、本学では学則に規定されている授業科目(基礎教育科目、基礎薬学科目、応用薬学科目、医療薬学科目、実習)が設けられていて、1年次から種々の専門的な科目が開講されます。本学では、6年課程の薬学科と4年課程の薬科学科を設置しています。3年次までは共通のカリキュラムで学び、3年次後期に学科を選択し、4年次進級時に学科配属が行われます。 卒業すると、薬学科では「学士(薬学)の学位」と「薬剤師国家試験の受験資格」が、薬科学科では「学士(薬科学)の学位」が与えられます。なお、薬科学科でも、卒業後、大学院修士課程を修了し、厚生労働省の定める要件を満たせば「薬剤師国家試験の受験資格」が与えられます。  


ページトップ