薬学紹介

薬学紹介 受験生向け研究室紹介

  • 総合科学
  • ヒトとコミュニケーションと環境

言語文化学グループ

教授 楠瀬 健昭 (文学士)

担当科目 英語、異文化言語演習
所属学会 日本英文学会、京大英文学会、日本ホプキンズ協会関西部会
e-mail

准教授 スミス 朋子(言語学博士)

担当科目 英語リーディング1・2、英語スピーキング1・2
所属学会 大学英語教育学会、Japan Association for Language Teaching、日本薬学会、日本語教育学会
e-mail

講師 田邊 久美子(博士(英文学))

担当科目 異文化言語演習1, 2、実践ビジネス英語
所属学会 日本ヴィクトリア朝文化研究学会、阪大英文学会、
BAVS (British Association for Victorian Studies)
e-mail

研究テーマ

言語と、言語の背景にある人々の生活や文化に迫る

研究概略

 言語教育の役割は、自らの言葉で考え、表現できる力を養うことにあります。あらゆる言語の背景には、それを使う人々の生活や文化が存在することも忘れてはなりません。楠瀬は文学における自然と人間を研究テーマとしています。スミスは認知言語学と専門言語教育(ESP)を研究テーマとしています。田邊はイギリス文学・文化を研究テーマとしています。

プライベートページ

研究内容

[楠瀬健昭教授](英文学)

 専門分野は英文学ですが、英詩にかぎらず俳句なども含めて、詩一般を読みながら、詩を詠むことを試みています。


[スミス朋子准教授](言語学・言語教育)

 専門分野は言語学で、主に「意味」についての研究を行っています。そして、言語学の知識を生かしながら、専門言語教育も実践しています。最近では、多義語を中心に研究しています。


[田邊久美子講師]

 専門分野はイギリス文学・文化ですが、大学の授業では、これまでにTOEICなどの試験英語や歯科英語を含め様々な

英語の授業を担当しています。今後は医学英語のテキスト作成や19世紀イギリスの薬学・医療に関する研究にも取り組みたいと思っています。


ページトップへ