薬学紹介

薬学紹介 受験生向け研究室紹介

  • 薬を使う
  • 臨床科学領域

社会薬学・薬局管理学研究室

教授 恩田 光子(博士(医学))/(博士(国際公共政策))

担当科目 薬事関連法・制度(4年)、
コミュニティファーマシー(4年)、
医薬品情報評価学(6年)、臨床導入学習1(4年)、
臨床導入学習2(4年)、 病院実務実習(5年)、
薬局実務実習(5年)、 特別演習・実習1(5年)、
特別演習・実習2(6年)、 医療薬学総論(大学院)、
医療評価薬学特論I(大学院)、
医療評価薬学特論II(大学院)
所属学会 日本薬学会、日本医療薬学会、日本社会薬学会、
日本医薬品情報学会、 日本薬剤疫学会、日本老年薬学会、
日本医療・病院管理学会、日本医療マネジメント学会、
日本プライマリ・ケア連合学会、
ISPOR(国際医薬経済・アウトカム研究学会)
e-mail

配属学生

【大学院生】   0名
【学部学生】   6年次生:14名、5年次生:17名 (臨床実践薬学研究室との合計)

 

研究テーマ

 薬学の社会への適応

研究概要

薬局が薬学を基礎に地域医療や健康増進に貢献できる場となるために、薬剤師が取り組むべきテーマを問題意識の中心に据え、学際的アプローチによる具体的な仕組みや方法の立案(Plan)、現場での実践(Do)、アウトカムの検証(Check)、仕組みや方法の見直し・改善(Act)を含むPDCAサイクルを活用して研究を展開しています。

キーワード

薬局、薬剤師、地域包括ケア、多職種連携、セルフメディケーション、医療経済

研究内容

  •  

    (1)医師-薬剤師連携による高齢者の薬物療法適正化に関する研究

    (2)薬剤師による在宅ケアサービスのアウトカムに関する研究

    (3)慢性疾患管理による地域ケアモデルの構築とその臨床・経済的効果に関する研究

    (4)健康行動理論に基づく風邪様症状を対象とした面談アルゴリズムの作成と有用性の検証

    (5)薬局におけるセルフメディケーション支援サービスの普及に関する研究

    (6)薬局を起点とした認知症早期発見体制の構築に関する研究

    (7)介護施設における薬物療法上の問題と薬剤師による関与の効果に関する研究

    (8)医薬品情報の授受に関するギャップ分析

    (9)服薬アドヒアランスへの影響要因に関する研究

    (10)諸外国における薬剤使用状況等に関する調査研究

参考論文

  1. 1) Jpn. J. Drug Inform. 15: 155-164, 2014
  2. 2) YAKUGAKU ZASSHI 135: 1057-1067, 2015
  3. 3) Jpn. J. Drug Inform. 17: 21-33,2015
  4. 4) BMJ Open 2015; 5:e007581 doi: 10.1136/bmjopen-2015-007581
  5. 5) Pharmacology & Pharmacy; DOI: 10.4236/pp.2016.73016

ページトップへ