薬学紹介

薬学紹介 受験生向け研究室紹介

  • 薬を使う
  • 臨床科学領域

臨床実践薬学研究室

教授 荒川 行生 (博士(医学))

担当科目 医療薬剤学2(4年)、医薬品情報評価学(6年)、臨床導入学習1, 2(4年)、早期体験学習1(1年)、調剤学実習(4年)、病院実務実習(5年)、薬局実務実習(5年)、特別演習・実習(5, 6年)、医療薬学総論(大学院)、臨床・医療薬学特論Ⅰ,Ⅱ(大学院)
所属学会 日本薬学会、日本化学療法学会、日本農芸化学会、日本微生物生態学会、日本医療・病院管理学会
e-mail

助手 庄司 雅紀 (博士(薬学))

担当科目 臨床導入学習1, 2(4年)
所属学会 日本薬学会、日本社会薬学会、日本薬局学会
e-mail

配属学生

【大学院生】   0名
【学部学生】   6年次生:14名、5年次生:17名

研究テーマ

研究のテーマは、基礎から応用・社会的なものまで、広く臨床の現場に求め、薬学的アプローチによりこれらの解析を行っています。また、研究を通じて、医療現場での問題発見と解決の能力を備えた「医療の担い手」に相応しい、薬剤師の養成教育のあり方にも取り組んでいます。

研究概略

  臨床疫学、行動科学、医療経済学、国際公共政策学といった学際的アプローチによる薬物治療や薬剤師業務に関するアウトカムリサーチ
  医療分野のリスクマネジメント
  地域医療における多職種連携のシステムデザイン
  病院感染原因菌の薬剤抵抗性
  薬物およびペプチド・タンパク質の微量測定法

キーワード

多職種連携、地域包括ケア、薬物療法、セルフメディケーション、医療経済、対人業務

研究内容

(1)薬剤師機能に関するアウトカムリサーチ1)

病院および薬局における薬剤師の薬学的介入(慢性疾患管理、セルフメディケーション支援、薬剤使用評価、医療安全、服薬支援など)による、患者アウトカム、臨床的アウトカムおよび経済的アウトカムを検証する。


(2)薬局機能に関する研究2)

地域医療(在宅医療を含む)における薬局の役割や機能を拡充するための具体的方法について、その効果の検証を行う。


(3)医薬品の使用に係るリスクマネジメントに関する研究3)

様々なリスクの把握、情報収集・評価手法の検討、お薬手帳を用いた実効性のある対策の立案、実践および効果の検証を行う。


(4)医療(薬剤)経済学的研究

特定の疾患を対象とした医薬品の使用に関する医師の処方意思決定と実際の処方状況、およびその社会医学的効果(人々のwell-beingを含む)の分析を行う。


(5)薬剤師による試験・研究業務に関連した研究

例:病院感染について微生物学的および治療学的研究を行う。

参考論文

  1. 1) Pharmacology & Pharmacy, 7: 124-132, 2016
  2. 2) BMJ Open. 5, e007581. doi: 10.1136/bmjopen-2015-007581, 2015
  3. 3) Pharmacology & Pharmacy, 7: 176-183, 2016

ページトップへ