薬学紹介

薬学紹介 受験生向け研究室紹介

  • 薬を使う
  • 臨床科学領域

薬物治療学研究室

教授 松村 人志(医学博士)

担当科目 病態・薬物治療学演習(6年)、薬物治療学3(4年)、薬物治療学4(3年)、薬学入門(1年)、人体の構造と病態1(1年)、早期体験学習2(1年)、臨床・医療薬学特論Ⅰ(大学院)、臨床連携治療演習(大学院)、病態評価演習(大学院)、特別演習PBL(大学院)
所属学会 日本精神神経学会、日本臨床精神神経薬理学会、日本睡眠学会、アルコール・薬物依存関連学会
e-mail

准教授 幸田 祐佳(博士 (薬学))

担当科目 病態・薬物治療学演習(6年)、薬物治療学3(4年)、薬学英語(4年)、人体の構造と病態1(1年)、早期体験学習2(1年)、病態評価演習(大学院)、特別演習PBL(大学院)
所属学会 日本薬理学会、日本毒性学会、日本腎臓学会、日本薬学会、日本ビタミン学会、日本酸化ストレス学会、日本循環器学会、日本肥満学会
e-mail

助教 田中 早織(博士(薬科学))

担当科目 早期体験学習2(1年)
所属学会 日本薬学会、日本生理学会、日本潰瘍学会、日本薬学教育学会
e-mail

配属学生

【大学院生】   0名
【学部学生】   6年次生:17名、5年次生:17名

研究テーマ

脳と精神と行動に関する障害の治療法および酸化ストレス疾患の病態解明に関する研究

研究概要

 脳と精神と行動に関するさまざまな障害の原因・予防・治療・ケア等について、臨床医学・薬物治療学的観点からの臨床研究と、ラット等を用いた神経科学的研究を、並行して行っている。現在取り組んでいるのは、睡眠及び依存に関する神経科学的研究、抗精神病薬に関する臨床研究である。また、当研究室では、肥満・糖尿病合併症を含め種々の酸化ストレス疾患の病態解明ならびに予防法の確立を目指している。

研究内容

(1)脳機能を維持するための体内機序、特に睡眠の調節系とその役割に関する研究
(2)精神疾患に関する臨床研究及び基礎研究
(3)耐糖能異常と酸化ストレス疾患の発症・進展機序に関する研究
(4)生体防御の視点からみた上皮膜機能に関する研究


ページトップへ