薬学紹介

薬学紹介 受験生向け研究室紹介

  • 薬効を調べる
  • 生命・環境科学領域

病態分子薬理学研究室

教授 松村 靖夫 (医学博士)

担当科目 薬理学1(2年)、薬理学2(3年)、薬理学実習(3年)、
特別研究(4年)、 特別演習・実習(5, 6年)、
薬理学特論(大学院)、 病態薬理学特論(大学院)、
医療薬学総論(大学院)、 薬効評価演習(大学院)
所属学会 日本薬学会、日本薬理学会、日本循環薬理学会、
日本NO学会、 日本高血圧学会、日本心脈管作動物質学会
e-mail

准教授 大喜多 守 (博士(薬学))

担当科目 薬理学4(4年)、薬学英語(4年)薬理学実習(3年)、
特別研究(4年)特別演習・実習(5, 6年)、
薬理学特論(大学院)、 病態薬理学特論II(大学院)、
薬効評価演習(大学院)
所属学会 日本薬学会、日本薬理学会、日本循環薬理学会、
日本NO学会、 日本高血圧学会、日本心脈管作動物質学会
e-mail

助手 中川 恵輔 (学士(薬学))

担当科目
薬理学実習
所属学会 日本薬学会、日本ポリフェノール学会
e-mail

配属学生

【大学院生】   1名
【学部学生】   6年次生:16名、5年次生:17名

 

研究テーマ

“遺伝子解析から丸ごとの動物実験”により病態の解明と治療薬の開発を目指す

研究概要

 高血圧などの循環器疾患の発症や維持には多くの生体内因子が関係しています。私たちの研究室では、血管収縮物質としてはもっとも強力なエンドセリンと呼ばれるペプチドやきわめて重要な血管弛緩物質である一酸化窒素などの生理活性物質にフォーカスをあて、培養細胞や種々の病態モデル動物を用いて、各種循環器疾患との関わりについて検討しています。

キーワード

高血圧、急性腎障害、慢性腎臓病、虚血性臓器障害、睡眠時無呼吸症候群、血管内皮細胞、交感神経、エンドセリン、一酸化窒素、ノルエピネフリン、健康食品、ポリフェノール

(1) エンドセリンの遺伝子発現調節機構と循環器疾患における病態学的役割

 エンドセリンは、我々の体が産生する物質としてはもっとも強力な血管収縮性ペプチドであり、高血圧や心臓病などの発症に関わっている可能性があります。これまでに、その生合成機構について種々検討し、いくつかの重要な知見を得ています。現在は、ブタあるいはヒトの培養血管内皮細胞を用い、遺伝子発現およびその転写調節の観点から検討しています。

エンドセリンの作用と受容体

(2) 一酸化窒素の病態生理学的役割

 一酸化窒素(NO)は、血管内皮由来弛緩物質として見出されました。その後の活発な研究から、血管系のみならず、心臓や神経系、内分泌臓器などにおいて広く分布し、重要な生理作用を発揮する事が明らかになっています。私たちの研究室では、NOの病態生理学的役割について幅広く検討してきました。特に心臓や腎臓の交感神経調節機構、虚血再灌流障害における役割や、慢性腎障害の予防因子としての可能性についても検討しています。

(3) 心臓/腎臓の虚血再灌流障害発症機構

 臓器の血流が血栓形成などで遮断されると虚血状態になり、そのまま放置すると臓器機能は当然失われるため、血流の再開が必要です。この際に虚血再灌流障害という重篤な臓器障害が生じます。私たちの研究室では、この虚血再灌流障害について、腎臓や摘出心臓を用いて種々検討しています。最近は特に交感神経からのノルエピネフリン過剰放出との関係に注目しています。

上記以外に以下の項目についても研究しています。

  1. (4) 慢性腎臓病の進展機構
  2. (5) 健康食品の循環器疾患予防効果とそのメカニズムの解明

参考論文

  1. (1) 薬学雑誌 127, 1319-1329 (2007)
  2. (2) Kidney Int. 73, 308-317 (2008)
  3. (3) Circulation 111, 302-309 (2005)
  4. (4) J. Pharmacol. Sci. 109, 7-13 (2009)
  5. (5) J. Hypertens. 27, 92-101 (2009)

ページトップへ