薬学紹介

薬学紹介 受験生向け研究室紹介

  • 薬を創る
  • 創薬化学領域

生体分析学研究室

教授 天滿 敬 (博士(薬学))

担当科目 分析化学1(1年)、分析化学実習(2年)
所属学会 日本薬学会、日本核医学会、日本分子イメージング学会、
日本癌学会、日本脳循環代謝学会、
Society of Nuclear Medicine
e-mail

講師 平田 雅彦 (博士(薬学))

担当科目 化学(1年)、化学演習(1年)、基礎薬学実習(1年)、
物理放射化学実習(2年)
所属学会 日本薬学会、分子イメージング学会、日本核医学会
e-mail

助教 近藤 直哉 (博士(薬科学))

担当科目 分析化学実習(2年)、特別演習・実習(5・6年)
所属学会 日本薬学会、日本分子イメージング学会、日本核医学会、
Society of Nuclear Medicine
e-mail

研究テーマ

・PET・SPECT画像診断用放射性医薬品の開発に関する研究
・MRI・光イメージングのための分子プローブ開発に関する研究
・がんの早期質的診断並びに治療効果判定に関する分子イメージング研究
・中性子捕捉療法によるがんの治療のための薬剤開発研究
・病態モデル動物を用いた各種疾患の診断・治療法開発に関する研究

研究概要

生体内で起こる様々な生命現象を分子・細胞レベルで捉えて、体外から画像として観察する生体分子イメージングは、病気を早期に正確に発見することができる新しい診断法です。
私たちは、新しいタイプの薬剤を開発することで生体分子イメージングを基盤とした効率的な診断・治療の一体化を目指して研究を行っています。

配属学生

キーワード

 分子イメージング、放射性医薬品、核医学、セラノスティクス、中性子捕捉療法

研究内容

 

 

参考論文


ページトップへ