キャンパスライフ

新着情報

臨床薬学教育研究センターを開設しました

 医療現場におけるチーム医療の重要性が認識されており、患者さんのためにチームの一員として薬剤師が担う責任と期待は非常に大きなものです。チーム医療を進めていくためには多職種との連携が必須であり、とりわけ医師や看護師とともに議論ができ、患者さんにとって最良の薬物療法を提案できる薬剤師であることが重要です。一方、大学で行われる薬学領域の研究についても、如何に医療を見据え、医療に貢献し得る研究であるかが今後より一層求められています。「From Bench to Bedside」という言葉に表わされるように、臨床現場の薬剤師には、最先端の医療に関する知識とともに研究マインドを有することが望まれています。2016年(平成28年)4月には、大阪医科大学と法人合併したことによって医学部、看護学部との連携教育を進める環境も整いました。
 臨床薬学教育研究センターでは、チーム医療の中で薬の専門家として活躍できる薬剤師を養成するための講義や実習・演習の方法を立案して実践していくとともに、医療機関と共同研究を展開するなどして研究成果を臨床現場に還元することを目指しています。

担当教員  
  教 授 岩永 一範
  教 授 中村 任
  教 授 中村 敏明
  准教授 角山 香織
  准教授 細畑 圭子
  講 師 内田 まやこ



ページトップへ