入試情報

学費・奨学金 奨学金

本学では、日本学生支援機構の奨学金を中心に、大阪薬科大学奨学金、大阪薬科大学育友会奨学金、地方公共団体の奨学金及びその他の団体(財団法人など)からの奨学金を取り扱っています。大学に届いた奨学金の募集は、全て学生部の掲示板で案内しています。
これらの奨学金で学内選考が必要な場合や推薦順位を付与する場合は、それぞれの奨学会の推薦基準に基づき、学生部で審議の上、各奨学会に推薦します。

名称 金額(月額)
第一種奨学金
(貸与無利子)
自 宅:30,000円、54,000円(何れかを選択)
自宅外:30,000円、64,000円(何れかを選択)
第二種奨学金
(貸与有利子)
30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円の5種の中から希望月額を選択、12万円を選択した場合、さらに2万円の増額が可能です。
  • ・卒業までの最短修業年限の終わりまで貸与されます。
  • ・高等学校3年次の春期に大学進学後の奨学金予約採用申込みができます。
    詳細は高等学校にお問い合わせください。

大阪薬科大学奨学金制度

特待奨学金制度

名称 対象 金額
特待奨学金制度
(給付)
学部生 最優秀者(1名) :300,000円
特別優秀者(2名):200,000円
優秀者(4名)  :100,000円
大学院生 200,000円
  • ・学業、研究その他の分野で優れた学部生、大学院生または団体に給付されます。
  • ・大学院生の場合、特に成績優秀な者、または有望な研究を行っていると認められる者に給付されます。
  • ・また学術文化の発展社会活動、学生自治活動等に貢献した学生も対象としています。
  • ・毎年の選考において、繰り返し特待奨学生となることができます。

一般奨学金制度

名称 対象 金額(月額) 採用予定
一般奨学金制度
(給付)
学部学生 30,000円 各年次20名
大学院生 30,000円 若干名
  • ・一般奨学金は、経済的事情で学業もしくは研究の継続に支障を来している学部学生または大学院学生を対象としています。
  • ・期間は1年ですが、毎年の審査を経て繰り返し奨学生となることができます。

特別奨学金制度(平成27年度変更)

名称 対象 金額(月額) 採用予定
特別奨学金制度
(貸与無利子+給付)
学部学生 35,000円+15,000円
(貸与)  (給付)
1年次生15名
他は補充分
大学院生 35,000円+15,000円
(貸与)  (給付)
若干名
  • ・特別奨学金は、経済的事情で学業もしくは研究の継続に著しく支障を来している学部学生または大学院学生を対象としています。
  • ・貸与・給付期間は卒業までの最短修業年限です。
  • ・日本学生支援機構奨学金あるいはその他の奨学金を受給していても出願できますが、一般奨学金と同時に出願することはできません。

大学院奨学金

名称

対象

金額(月額)

資格

大阪薬科大学大学院奨学金
(給付)

大学院生
(博士前期課程)

30,000円又は 50,000円  

学会発表(筆頭発表者として口頭発表又はポスター発表)を行ったことがあり、研究に専念する者であること。

大学院生
(博士後期課程)
(博士課程)

50,000円又は 100,000円  

  • ※経済的理由で修学が困難な環境を改善し、さらには優れた研究を推進するために、大学院学生を対象とした給付奨学金制度が創設されました。
  • ※他の奨学金を受給していても出願できます。

大阪薬科大学育友会奨学金

名称 対象 金額(月額) 採用予定
大阪薬科大学育友会奨学金
(貸与無利子)
学部生
大学院生
40,000円又は80,000円 40,000円を
一口として20口
  • ・学資の支弁困難な学部および大学院生を援助することを目的に貸与されます。
  • ・期間は1年ですが、毎年の審査を経て繰り返し奨学生となることができます。

その他

各種の地方公共団体や民間の奨学金があり、それぞれ給与(貸与)額が異なります。

大阪薬科大学育友会学費融資制度

在学中に家計急変等により学費納入が困難となり、退学を余儀なくされる状況に陥った学生の救済制度として、一定の条件にあてはまれば学費融資を行う制度です。学生が納入すべき学費を限度に融資が行われます。なお、融資限度額は、原則として3年分の学費相当額としています。


ページトップへ