大学案内

HOME  > 大学案内 > 内部質保証 >各種方針等| 内部質保証のための方針

内部質保証 各種方針等

大阪薬科大学 内部質保証のための方針

内部質保証の目的

 大阪薬科大学(以下「本学」という。)は、理念・目的を実現するため、内部質保証が重要であるという考えに基づき、自律的かつ恒常的に自己点検・評価を行い、PDCAサイクルを適切に機能させることによって教育研究の水準を維持し、また、学生の学習の充実と学習成果を向上させ、高等教育機関としての人材養成機能を強化することにより、もって社会的使命を果たすことを内部質保証の目的とする。

内部質保証に責任を負う組織の権限と役割

 本学における内部質保証は、学長を中心に学内要職者等から組織する「内部質保証委員会」が全学的な教学マネジメントの観点から実施し、内部質保証に必要な各種方針の策定及び検証、学習成果、教育課程及び入学者選抜の成果の検証、外部認証評価の実施に責任を負うものとする。なお、教授会を始めとする学内委員会等組織は、内部質保証委員会による検証結果及び改善計画並びに教学マネジメントに関する目標及び方向性等を受け、教育活動を展開するとともに、具体的な改善及び改革のための施策を立案及び実行する。

内部質保証のための行動指針

  1. 学長を中心とする内部質保証委員会は、内部質保証の目的を達成するため、全学的な教学マネジメントの観点から内部質保証を推進する。また、客観的な視点を活用するため、外部認証評価を始めとする第三者からの評価に積極的に対応する。
  2. 内部質保証委員会は、内部質保証に必要な各種方針を策定及び検証するとともに、教育の企画・設計から運用、検証・改善のためのPDCAサイクルを明確にし、円滑に機能させる。
  3. 内部質保証委員会からの検証結果及び改善計画並びに教学マネジメントに関する目標及び方向性等を受けた教授会を始めとするその他学内委員会等組織は、改善及び改革が必要かつ重要であるとの共通認識を持って教育活動を展開し、本学における内部質保証を実効性のあるものとするために取り組む。

<PDCAサイクル>

PLAN(計画)

  1. 内部質保証委員会は、内部質保証に必要な各種方針、学習成果、教育課程及び入学者選抜の成果、外部認証評価結果における改善事項等への取組みについての検証及び改善計画を踏まえ、これに基づく教学マネジメントに関する目標や方向性等を取りまとめる。
  2. 検証結果や改善計画に基づく目標や方向性等は、学長又は内部質保証委員会委員から教授会(拡大教授会、大学院運営委員会)に報告するとともに、報告内容において改善又は改革を必要とする事案については、これを所掌する学内委員会等(以下「各委員会等」)に対し、具体的な対応策の立案を指示する。

DO(実行)

  1. 各委員会等は、目標や方向性等に基づく教育活動を展開するとともに、改善又は改革のために計画を立案し、当該計画を拡大教授会(学部事案)又は大学院運営委員会(大学院事案)に諮り、実行の承認を得る。なお、内部質保証委員会は、当該計画の立案を支援する。
  2. 各委員会等は、承認された改善又は改革のための計画を実行する。

CHECK(検証)

  1. 各委員会等は、目標や方向性等に基づく教育活動、実行した改善又は改革のための計画の結果やその検証内容等を拡大教授会又は大学院運営委員会に報告する。
  2. 内部質保証委員会は、報告内容等を踏まえ、目標や方向性等に基づく教育活動及びその成果、改善又は改革のための計画を検証し、これを基に内部質保証に必要な各種方針等の適切性や有効性を総合的に検証する。

ACTION(改善)

  1. 内部質保証委員会は、総合的な検証結果に基づき、内部質保証に必要な各種方針、学習成果、教育課程及び入学者選抜の成果、外部認証評価結果における改善事項等についての、改善計画を取りまとめる。

大学案内


ページトップ