大学案内

HOME  > 大学案内 > 内部質保証 >各種方針等> 管理運営の方針

内部質保証 各種方針等

大阪薬科大学 管理運営の方針

 大阪薬科大学(以下「本学」という。)は、理念・目的を実現するため、以下のとおり、管理運営の方針を定める。また、本学における管理運営体制は、定期的に検証し、その結果を改善・向上に繋げるものとする。

中期計画・事業計画

  1. 本学の更なる発展を目指し、将来を見据えた計画として、中期計画を策定する。
  2. 中期計画の堅実な履行を目指し、単年度毎の事業計画を策定する。なお、単年度毎の事業計画は、中期計画の履行状況に鑑み、策定するものとし、大学運営に関する事項については、学長のリーダーシップの下で「教員及び事務職員」(以下「職員」という。)の意見を集約して策定する。

大学運営・ガバナンス

  1. 学長は、職員を統括し、本学の校務に関する事項について決定する。
  2. 本学の校務の執行は、法人が定める諸規則に従い適切かつ公正に行う。
  3. 学長は、教授会を始めとする委員会等組織から教育研究に関する事項についての意見を聴き、自身のリーダーシップの下で本学を運営する。
  4. 法人は、永続的に社会へ寄与する大学となるよう、本学を経営する。また、学長の選任並びに本学の経営に関して責任を負う。
  5. 法人運営にあたっては、理事長が主宰する理事会が最終的な意思決定を行う。また、法人運営並びに大学運営を機能的かつ効率的に行うため、法人運営会議、理事長、副理事長、学長に理事会の業務決定権限の一部を委任する。
  6. 理事長が設置する大学運営会議は、法人と教学が連携して対応すべき事項等について迅速かつ円滑に対応するため、その対応方針等を決定する。

予算編成・予算執行

  1. 法人は、財政を取巻く状況を念頭に、重要課題への対応を中心とする予算編成方針を策定する。
  2. 本学の予算編成は、予算編成方針に基づき編成する。また、具体的な編成にあたっては、予算委員会が取りまとめ、最終的には理事会が決定する。
  3. 法人全体の予算執行は、予算業務統括責任者である理事長が統括し、本学の予算執行は学長及び事務局長が責任を負う。
  4. 本学の予算執行にあたっては、編成された予算に基づき厳格に執行する。

事務組織の運営

  1. 本学の運営を円滑かつ効率的に行うため、適切な事務組織を編成する。
  2. 事務組織の運営は、理事長、副理事長又は学長の指示を受け、事務局長が統括する。
  3. 事務職員は、法人運営並びに大学運営にとって必要な人材を広く募集することを原則とし、公正かつ適切な手続きをもって、優秀な人材の確保に努める。
  4. 事務組織は、教員と協働させることにより、適切に運営する。また、業務の多様化や専門化に対応するため、必要な事務職員を配置する。

職員の資質向上

  1. 本学の運営を適切かつ効果的に行うため、法人の基本方針に基づくSD(Staff -Development)実施計画を策定する。
  2. SD実施計画に定めるSD活動を推進し、職員の資質を向上させる。
  3. SD活動に留まらず、職員の誠実性と自律性を涵養するため、SSD(Staff Self -Development)を推進する。

大学運営の担保

  1. 法人運営のための必要な監査に合わせ、法人監査室による内部監査を実施し、適正な大学運営を担保する。


大学案内


ページトップ