大学案内

HOME  > 大学案内 > 内部質保証 >各種方針等> 学生支援の方針

内部質保証 各種方針等

大阪薬科大学 学生支援の方針

 大阪薬科大学は、学生が安心して学業に打ち込むことができ、また、卒業後の豊かな人生を実現できるキャリアプランが醸成できるよう、以下のとおり、学生支援の方針を定める。

  1. 修学支援
    学生が日々学業に専念できるよう、学修の相談に応じるとともに、修学の意志がありながら継続する事が困難な学生への支援を行う。
    具体的には、アドバイザー制度の活用、修学指導委員会による個別面談の実施、教務課による履修相談の実施、奨学金制度の整備、また、学生がグローバルな社会に適応できるよう国際交流制度の充実等の支援を行う。
  2. 生活支援
    学生が安心して豊かな学生生活が送れるよう、人権侵害等の防止、学生生活上の相談、心身の健康維持等を目的とした支援及び課外活動の充実を目的とした支援を行う。
    具体的には、学生相談室の充実、ハラスメント関係のアンケート調査の実施、人権講演会の実施、薬物乱用防止に関する講演会の実施、課外活動を含む学生自治活動を担う学友会への支援を行う。
  3. 進路支援
    卒業後の長い人生を豊かなものにするために、学生が主体的に進路を選択し満足できる就職を実現できるよう、支援する。
    具体的には、低学年次の学生も参加可能な業種・職種別キャリアセミナーなどの開催を通して多様な就職関連情報を学生に提供し、自己の主体的なキャリアプランの醸成を図る。また、実践的支援として、就職スキル関係の対策講座などを併せて実施する。さらに、個人相談によって学生一人ひとりに対してきめ細やかな支援を行う。

大学案内


ページトップ