大学案内

HOME  >  大学案内  >  大学紹介  >  発祥の地の記念碑

大学紹介

発祥の地の記念碑

大学本部・図書館風景明治37年(1904年)5月9日。大阪道修薬学校が、大阪府から正式の設立認可を受けた。その日が本学の創立記念日である。発祥の地は大阪市東区道修町3丁目住民の共有地であり、町内の会所であったが、そこを借り受けてのスタートであった。現在、この地は塩野義製薬株式会社の敷地内にある。
本学創立百周年を記念して、塩野義製薬株式会社本社ビルの玄関脇に、同社のご厚意により「本学発祥の地の記念碑」が建立された。記念碑の除幕式は、本学の創立記念日である平成16年5月9日に行われた。当日は、川島理事長(当時)、矢内原学長(当時)をはじめ多くの関係者が式典に出席しこれを祝った。




大きな地図で見る

大学案内


ページトップ