大学案内

HOME  >  大学案内  >  大学紹介  >  沿革

大学紹介

沿革

明治37年創始から今日までの本学の歩み

大学本部・図書館風景本学の創始は遠く明治37年(1904年)にさかのぼります。すなわち、この年5月9日に創立された大阪道修薬学校を発祥とします。その後大正14年に、我が国最初の女子薬学専門学校である帝国女子薬学専門学校となり、我が国の女子薬学教育の中心的役割を果たしてきました。そして戦後の学制改革にあたり、昭和25年新制の大阪薬科大学に昇格し、今日に及んでいます。
大学昇格後も、本学は堅実な学風のもとに着々と内容の充実に努め、昭和43年に製薬学科を加えて2学科制とした後、昭和50年に大学院薬学研究科修士課程、昭和59年に大学院薬学研究科博士課程を設置しました。また、平成8年には現在地にキャンパスを全面移転し、教育・研究環境を飛躍的に充実させ、平成11年には全国の薬科大学に先駆けて附属薬局を設置するなど実務教育の充実に取り組んできました。さらに、平成18年度から実施された薬学教育年限延長に際し、6年制課程の薬学科と4年制課程の薬科学科を併置しました。
大学院薬学研究科については、平成22年4月より薬科学専攻修士課程を、また、平成24年4月には薬学専攻博士課程(4年制)と薬科学専攻博士後期課程をスタートさせ、我が国における代表的な薬科大学として発展を遂げています。

明治37年
(1904)
大阪市東区(現中央区)道修町に大阪道修薬学校を設立
明治41年
(1908)
大阪市東区南久太郎町(現中央区久太郎町)に移転
大正9年
(1920)
大阪府東成郡天王寺村(現大阪市阿倍野区)に移転
大正13年
(1924)
大阪府北河内郡守口町(現守口市)に移転
大正14年
(1925)
道修女子薬学専門学校設立
帝国女子薬学専門学校と改称
昭和7年
(1932)
大阪府南河内郡北八下村(現松原市)に移転
昭和24年
(1949)
帝国薬学専門学校と改称、男女共学制とする
昭和25年
(1950)
大阪薬科大学設置認可
昭和43年
(1968)
薬学科、製薬学科の2学科制とする
昭和50年
(1975)
大学院薬学研究科薬学専攻修士課程を設置
昭和59年
(1984)
大学院薬学研究科薬学専攻博士課程を設置
平成8年
(1996)
現在地(大阪府高槻市奈佐原4丁目20番1号)に移転
平成16年
(2004)
薬学科・生命薬学科の2学科制に変更
創立100周年記念式典挙行
平成18年
(2006)
薬学科(6年制課程)、薬科学科(4年制課程)を設置
平成21年
(2009)
D棟竣工
平成22年
(2010)
大学院薬学研究科薬科学専攻修士課程を設置
平成24年
(2012)
大学院薬学研究科薬学専攻博士課程(4年制)を設置
大学院薬学研究科薬科学専攻博士後期課程を設置
平成25年
(2013)
大学院薬学研究科薬学専攻博士課程(4年制)にがん専門薬剤師養成コースを設置
平成26年
(2014)
創立110周年記念式典挙行
平成28年
(2016)
学校法人大阪医科大学と学校法人大阪薬科大学が法人合併し
新法人「学校法人大阪医科薬科大学」設立
旧南久太郎校舎(明治41年~大正8年)
■旧南久太郎校舎
(明治41年~大正8年)

旧守口校舎(大正13年~昭和7年)
■旧守口校舎
(大正13年~昭和7年)

旧松原校舎(昭和7年~平成8年)
■旧松原校舎
(昭和7年~平成8年)

平成4年頃の旧松原校舎
■平成4年頃の旧松原校舎

時計台
■平成8年移転時の校舎
(平成8年~平成21年)

D棟
■平成21年D棟

大学案内


ページトップ