大学案内

HOME  > 大学案内 > キャンパスガイド > 大学全景

キャンパスガイド

大学全景

大阪薬科大学全景
■大阪薬科大学全景

中央広場
■中央広場
校門付近
■正門付近

JR京都線摂津富田駅からバスで15分、阿武山古墳などの史跡が残る緑豊かな丘陵地に大阪薬科大学キャンパスはあります。総面積59,260 m2の敷地に、A棟、B棟、C棟、D棟、体育館、大学会館、学生クラブハウス等の建物が機能的に配置されています。
西側を阿武山の緑一面におおわれた素晴らしい自然環境と近代的な建物が見事に調和し、眼下に高槻市街、大阪平野が広がっています。キャンパス中央は芝生広場となり、憩いと安らぎを与えています。同一敷地内に全面天然芝のグラウンド、テニスコートなどのスポーツ施設がある他、薬学を学ぶ上に欠かせない薬用植物園、温室なども完備されており、気軽に植物に親しめるようになっています。
山側の一番高い場所に位置する地下1階~地上6階のB棟には、すべての研究設備が集約され、渡り廊下で結ばれたC棟は1~2階が講義室、3~4階に学生実習室が専門分野別に配備されています。半円形が特徴的なA棟は1~2階が管理部門などの本部機能、3~4階が図書館で、明るく広い室内は、学生たちに絶好の勉学の環境を提供しています。平成21年に新築されたD棟は、1階が学生ラウンジ、2階が臨床薬学関連実習施設、3階には講義室、自習室があり、また、地下1階から地上2階にまたがる講堂を備えています。


大学案内


ページトップ